『本人訴訟GPT』が12月に公開/AIによる訴状作成・修正への時代の到来

主張・反論のポイント、反論文の作成・修正、証拠提出のアドバイスも提供

ウェブスタッフ

20231114

本人訴訟オンラインサロン

 

報道関係各位

 

2023年11月14日

株式会社Web staff

 

 

 

『本人訴訟GPT』が12月に公開 AIによる訴状作成・修正への時代の到来

~主張・反論のポイント、反論文の作成・修正、証拠提出のアドバイスも提供~

本人訴訟オンラインサロン(本人訴訟.com)を運営する株式会社Web staff(代表:吉永安智氏、以下Web staff)は、OpenAIGPT技術を活用した『本人訴訟GPT』を202312月に公開することを発表しました。本ツールは、訴状・答弁書・準備書面などの文書作成・修正、相手側の主張の要約と理解の助けとなる機能を提供します。

 

 

『本人訴訟GPT』は、経済的な理由で弁護士に依頼できない人々を支援する目的で開発されました。ChatGPTの高度な自然言語処理技術を利用し、裁判における複雑な文書作成の負担を軽減します。また、法的知識や専門的スキルを持たない方々でも、相手側の訴訟関連文書を『本人訴訟GPT』を通じて簡単に理解できるようになります。

 

『本人訴訟GPT』の主要機能

訴状作成…トラブルの内容を入力することで、ユーザーの主張を整理し訴状を作成します。

文書翻訳・解説…相手方から送られてきた文書を『本人訴訟GPT』に入力またはアップロードすることで、内容の要約と解説を提供します。

 

[本人訴訟GPT]で出来ること

・訴状、答弁書、準備書面などの文書作成、修正、校正

・相手側の訴状、答弁書、準備書面など(※)の要約と説明

 

※示談書、陳述書、判決文、争点整理案なども含む

 

今後の実装予定

・反論ポイントに関するアドバイス
・主張・反論に必要な証拠・証明のアドバイス

・文書の読み上げ(音声出力)と解説

 

注)本人訴訟GPTでは法律相談には対応していません。

 

本人訴訟は、主張を相手に理解してもらうことが大事

本人訴訟オンラインサロンの主宰者である吉永氏は、「本人訴訟において、一般の方が最初に直面する課題は、相手方や裁判官に理解される文章を書くことです」と述べています。多くの人々は、法的な解釈や文章力、法廷ルールなどについての知識が乏しいため、自分自身で裁判を行うことができず、本人訴訟の選択肢を持てない現実があります。

 

被害額が10~30万円程度の場合、弁護士への依頼料が請求額を上回ることがあります。一方で、裁判費用そのものは1000~3000円と非常に低価格です。吉永氏は「トラブルが多い現代社会において、自分で裁判を行うことが可能になれば、司法を通じて安全に解決できる」と指摘します。

 

AIによる司法先進国の実現を目指して

令和3年度の司法統計年報概要版によると、民事事件の新受事件総数は約140万件でした。インターネットを中心としたメタバースやゲームの世界でも訴訟に発展するトラブルが増加しています。その解決のためには、弁護士だけでなくAIを用いた法的対応が求められることは必然です。AIの法規制が他国よりも緩和傾向にある日本が世界に先駆け、AIによる司法先進国としての地位を確立できるよう、『本人訴訟GPT』は努力を続けるとのことです。

 

 

 



 

本人訴訟オンラインサロンについて

本人訴訟オンラインサロンは、株式会社WEB STAFFの代表取締役である吉永氏が主宰する、本人訴訟の支援を目的とした会員制コミュニティです。情報交換や相談、養育費の不払い、情報開示請求、少額訴訟、強制執行手続き、支払督促に関するノウハウを提供しています。

 

本人訴訟オンラインサロン:本人訴訟.com

 

運営情報

本人訴訟オンラインサロン

株式会社Web staff

代表取締役: 吉永安智

住所: 〒541-0052 大阪府大阪市中央区南本町2丁目4-16 デビスビル7F

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

本人訴訟GPT基本画面

本人訴訟オンラインサロン

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • 名称 株式会社Web staff
  • 所在地 大阪府
  • 業種 情報サービス・コンテンツ
  • URL
  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中