敦賀港を光で彩るイルミネーション「ミライエ」開幕!過去最多65万球LEDで幻想世界に

2024年3月の北陸新幹線開業記念した「W7系」車両のオブジェも!

敦賀市

 福井県敦賀市の敦賀港を彩るイルミネーションイベント「ミライエ」が2023年11月3日、敦賀市の金ケ崎緑地で始まりました。今年は10周年を迎え、LEDは過去最多の約65万球を準備。海をイメージして芝生一面に広がる青い光や、長さ約70メートルの光のトンネルなど、一帯は幻想的な光に包まれています。期間は12月25日までです。

 


 

港町の情緒たっぷり

 ミライエは、例年3万人以上が訪れる、敦賀の恒例人気イベントです。年々規模を拡大し、今年は一段とスケールアップ。過去最多のLEDを使い、広さ約3万平方メートルの金ケ崎緑地を色とりどりの光で彩っています。「人道の港 敦賀ムゼウム」など周辺の洋館のライトアップとも相まって、港町の情緒もたっぷりと味わえます。

 

 2024年3月の北陸新幹線開業を記念して登場したW7系車両のオブジェ

 

 

新幹線車両とSLが交互に出現

 目玉は北陸新幹線車両「W7系」のオブジェ 。2024年3月16日の北陸新幹線敦賀開業を記念し、敦賀が日本海側で初めて鉄道が走った街であることもアピールするため、蒸気機関車のオブジェと約15分おきに交互に光る仕掛けとなっています。

 

 

海をイメージして一面に広がる青いイルミネーション

 

まるで海。一面の青い光

 海をイメージした青いイルミネーションは芝生全面に広がり、より一層、海の中にいるような感覚を楽しめます。恒例となっている長さ約70メートルの光のトンネルも輝きを放っています。

 

長さ約70メートルの光のトンネル

 

 北陸新幹線敦賀開業の約100日前の12月16日には、カウントダウン記念イベントとして、屋台グルメが集まる催しも企画中です。

 

 

ミライエ概要

主催:「敦賀・鉄道と港」まちづくり実行委員会

会場:金ヶ崎緑地(福井県敦賀市金ケ崎町1-1)

期間:2023年11月3日~12月25日(11月は金土日祝日、12月は毎日点灯)

時間:18:00~21:00

ホームページ:

 

※ミライエは市民参加型のイベントとして2014年スタート。イルミネーションの燃料は市民から集めた廃食油を原料としたバイオディーゼル燃料としているほか、設置作業にも市民ボランティアに参加いただき、市民みんなでつくるイルミネーションイベントとして実施しています。 

 

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

過去最多の約65万球のLEDが敦賀港を彩るイルミネーション「ミライエ」

海をイメージして芝生広場一面に広がる青いイルミネーション

長さ約70メートルの光のトンネル

2024年3月の北陸新幹線開業を記念して設置されたW7系車両のオブジェ

約65万球のLEDが敦賀港を彩るイルミネーション「ミライエ」

約65万球のLEDが彩る敦賀のイルミネーション「ミライエ」

プレスリリース添付動画

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • 名称 敦賀市
  • 所在地 福井県
  • 業種 自治体
  • URL
  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中